てくまくまやこん★

粘土で作るフィギュアの制作日記
MENU

エニアグラム タイプ4と7の人生

0   0

ごきげんよう、新です。
二日前、愛車リトルカブのアランで札幌~余市~積丹の原付一人旅に行って来ました(ノ)’∀`(ヾ)★
ツーリング・・ まさか私の人生でそんなワードを使う日が来るなんて、地元にいた頃の私は考えもしなかっただろう。

あ、意味不明なタイトルですが、『エニアグラム』という性格診断テストがあり、それの結果がわたしはタイプ4と7。4(芸術家タイプ)はわたしの根本的な性格。ピッタリすぎますこわい。 7(楽天家タイプ)は私の浮かれた部分にピッタリでした(笑)
5分くらいで診断できます、面白いので興味のある方はこちら!→エニアグラム



朝7時半ごろ出発し、高速の下を通って郊外にでます。もう車多いしびゅんびゅん飛ばしているしで怖い怖い。
何度か停まって地図を確認しました(っω・`。)
SSC_0982.jpg
一時間半後 走りやすい道路になったところで、休憩所で休む。足とハンドルを握る手がエンジンの振動でビリビリしました。


SSC_0983.jpg
今回は荷物の多さを考えて球体間接人形を持ち歩くのは断念し、ブライスのマラベルメロディを持参。この子なら割と小さいし軽いから!


SSC_0984.jpg
今日はバリバリ働いてもらいます。 西岡水源地公園に行く前にガソリン満タンにしたのですが、ここまで走ってもまだ満タンのめもりは変わらず。さすがの燃費の良さだわさ。


SSC_1028.jpg
さ、小樽を越え、のんびり走って着きました。一番の目的地、余市のフゴッペ洞窟遺跡!!


SSC_0988.jpg
・・・・・・・の前に、駐車場の裏に、なんとも素敵な隠れスポットがあったので寄り道。
きっとこの岩の中?下?に、洞窟刻画が・・・!


SSC_0989.jpg
裏には雰囲気のある踏切がひっそりと。晴れた空に映えます。


SSC_0987.jpg
『古代文字踏切』という名前だそうです。 洞窟の裏にあるから?


SSC_0986.jpg


SSC_0985.jpg


SSC_0990.jpg
さあ!入りましょう! 


SSC_0991_201609031850063a5.jpg
私がこんなにもこの施設に興味を持ったのは、『蟲師』という漫画を描かれている漆原友紀さんの影響です(〃ノωノ)
蟲師の6巻のおまけページにここの事が書かれてあり、こんなのが北海道にあったのか!!!と驚愕したのでした。 それ以来、ず~~っとここに来たかった。また一つ、夢がかなった。
因みに白川郷の民宿に泊まりたい、という夢も同じくこの方の影響(笑) それも数年前叶えて、おまけページと同じく夕食時三味線を弾いていただけてとっても満足。


SSC_0993_20160903184913371.jpg
フゴッペ洞窟から数キロ離れた山の中にある、ストーンサークル。 何のために作られたかは不明らしい。奥地の為、人っ子の気配なし。 ここの事もおまけページに書かれてました。


SSC_0992_20160903184910cca.jpg



SSC_0995_20160903184915faa.jpg
ストーンサークルの近くにあった、隠れ家的レストランでお昼。 客も店の人もいなくて、ちょっと不安になったけど、庭の大改造をしていた若い店主さんを発見し、声を掛ける。


SSC_0994_20160903184913619.jpg
雰囲気が大変好みです。


SSC_0996_20160903184915e3f.jpg
パスタなどありましたが、私はハンバーガーを食べに来た。(店の近くに看板が沢山立ってた)
150グラムを注文。


SSC_0997_20160903183654643.jpg
肉汁の凄い、超ボリュームのハンバーガーでした!ナイフとフォークで食べる。  かぶりつけば良かったと、あとからちょっと後悔後悔・・・。  トマト、ズッキーニ、茄子のピクルス盛り合わせが付いてきました。とっても美味しかった!



後編に続く・・・・・

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mayakomu.blog.fc2.com/tb.php/348-93f96399
該当の記事は見つかりませんでした。